自分でどうにもできない不運や災難を乗り越えるコツ

みるみる運がよくなる本スペシャル

どんな天気でも前向きに楽しめると、小さな幸運と幸せを感じることができます。

 

これはみるみる運がよくなる本スペシャル―幸せな人はやっている!(植西聰 著、三笠書房)を読んで学ぶことができました。

悪い天気もポジティブに受け取る

運がいい人はどんなことでも前向きにとらえて、ハッピーを感じることができるのだと著者は言います。

ときには周りの人が「それって別にラッキーでもなんでもないんじゃないの?」と言うような些細なことも小さな幸運や幸せだと受け取り、ポジティブなものにしてしまいます。

それが悪い天気であっても例外ではありません。

「今日は暑い。お日さまの光をこんなに思いきり浴びられるなんて、なんて贅沢なのかしら。今日も幸せ」

「今日は寒い。気温が下がると、なんだか心の中までピシッと引き締まる思いがするわ。今日もがんばれそう」

「今日は雨ね。庭の緑がキレイ。雨が降ると街中のホコリが洗い流されて、空気が澄んで気持ちがいい」

(P.104 より)

猛暑、極寒、豪雨だったとしても、自分の中でプラスの意味付けをすることで、辛い状況の捉え方を変えることができます。

 

自分ではどうしようもできないことは楽しむ

天気は自分ではどうにも変えることができないもの。

そういった自分ではどうしようもできないことは割り切って、捉え方を前向きに変えてしまうとよいでしょう。

どうせどうにもできない状況なら、楽しくポジティブに感じたほうがストレスもなくなるし生産的ですよね。

これは、ものごとをポジティブにとらえるよいトレーニングにもなります。

たとえば、コップに入った半分の水があったとき、「半分しか入っていない」と思うか「半分も入っている」と思うか。

シンプルですが、些細なことを意識してポジティブにとらえているといつもと変わらない生活が明るく楽しくなります。

SPONSORED LINK

運が良いとこじつける習慣をつけてみよう

小さな幸運や幸せはこじつけて見つけることができます

悪い天気の捉え方も結局はこじつけですが、良いように解釈したほうが幸せです。

天気は自分ではどうしようもできないものの代表例です。

そうしたものは、何かの理由にしてラッキーに無理矢理こじつけてみてください。

まずは天気から意識を変える。

そのうち仕事や生活の辛い場面にも目が向いて前向きに捉えられるようになります。

そうなれば、どうしようもできない一見悪く見える状況でも、幸運や幸せに感じられるようになるでしょう。

 

悪い天気を前向きにとらえることで、ストレスを減らして幸運や幸せに結びつけることができると気づけた。

わたしはなんて幸運なんだろう。

Lucky Rookie


 

今回紹介した本書は、自分の習慣、暮らし方、人づきあいを中心に95の幸運になるコツが紹介されている一冊。

1つの物事をいくつかの角度からアプローチして考えているので、幸運について多角的な考え方も学ぶこともできます。

興味がありましたら是非読んでみてください。

みるみる運がよくなる本スペシャル―幸せな人はやっている!

 

あなたにおすすめの記事