ブラックフライデーに欲しいものを買えると小さな幸せを感じる

ブラックフライデー

ブラックフライデーなどのセール期間に買い物をすると、ほしいものが安く手に入るので小さな幸せを感じることができます。

 

お買い物の祭典「ブラックフライデー」

11月の第4金曜日はブラックフライデー。

ブラックフライデー(英語: Black Friday)とは、小売店などで大規模な安売りが実施される11月の第4金曜日のことである。

アメリカ合衆国では感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日にあたり、この日は正式の休暇日ではないが、休暇になることが多く、ブラックフライデー当日は感謝祭プレゼントの売れ残り一掃セール日にもなっている。

ブラックフライデーには買い物客が殺到して小売店が繁盛することで知られ、特にアメリカの小売業界では1年で最も売り上げを見込める日とされている。

また、ブラックフライデーは年末商戦の幕開けを告げるイベントでもある。

(Wikipedia『ブラックフライデー』頁 より)

もとはアメリカの文化ですが、日本でも年末商戦前の冷え込みを打開しようと、イオン、GAP、トイザらス、Reebok Classic、American Eagle、BUYMAなど各メーカーが導入しています。

 

せっかくなのでGAPでお買い物

わたしもちょうどセーターが欲しかったのでGAPへ行ってみることにしました。

GAPへいってみたのですが、メンズもレディースも人がすごい。レジにも長蛇の列ができています。

しかし、せっかく来たからにはいいセーターを買って帰る!

決意もっていざ人ごみの中へ。

といっても、すぐに気に入ったセーターを見つけることができました。

フィッティングルームはラッキーにもなぜか空いていて、すんなりサイズを確認できました。

デザインもサイズも気に入り、レジの列に並びます。

かなり長い列でしたが、待つのはそんなに苦ではありませんでした。

久しぶりに服を買って、嬉しくなっていたからだと思います。

SPONSORED LINK

気に入った物が安いと嬉しい

気に入ったものが安く手に入るというのは、やっぱり嬉しいことですね。

セール期間、セール対象商品、年末年始など、ものが安くなるタイミングを狙って欲しいものを手に入れることができれば嬉しさも2倍です。

店の中などは少し人が多くなって、列に並ぶ時間が増えますが、覚悟を持って臨めば少しの苦痛で済みます。

セールのタイミングを狙って買い物をする。

基本的なことですが、小さな幸せを感じるためには大切だなと感じました。

 

ブラックフライデーに気に入ったセーターが買えた。

わたしはなんて幸運なんだろう。

Lucky Rookie

 

Photo from Diariocritico de Venezuela / flickr

 

あなたにおすすめの記事