自分の強み・長所・得意分野を見つける2つの方法

運を動かせ

短所をなくそうとするよりも、長所を伸ばした方が成功して人生を幸せにすることができます。

 

これは運を動かせ(杉山大輔 著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)を読んで学ぶことができました。

眠らないウサギにカメが勝つには?

本書には以下のように書かれています。

ここで問題です。

ウサギとカメが競走することになりました。ウサギは居眠りをしません。法律違反をせずにカメがウサギに勝つ方法を考えてください。

カメがウサギに勝つ方法はいくつか考えられます。

  1. ゴールを海の中に設定する。ウサギは陸上ではカメより速いですが、水中ではカメにかないません。
  2. ゴールを50年かかる場所に設定する。カメとウサギの寿命は違います。

あなたの答えはどんなものでしたか。ここではどんな思考が必要だったでしょうか。

答えを導き出すにはまず、ウサギとカメを比較しなければなりません。

(中略)

人生やビジネスでも同じことが言えます。

自分と相手のことをわかっていなければなりません。

自分の長所や得意なことを明確にし、自分の戦う場所を運ぶことが成功への鍵となります。

(P.141 より)

昔話であるウサギとカメのたとえ話です。

眠らないウサギにカメが勝つためには、自分の長所に目を向けて、それを最大限活かせる環境を見つけることが大切。

これは人生に当てはまる重要な教訓だと著者は言います。

 

自分の長所を見つける2つの方法

自分の長所を見つけるためには自己分析ツールなどを用いる方法もありますが、もっといい方法が2つあります。

 

1. 人からほめられた部分を探す

一つは、「人からほめられた部分」に目を向けることです。

長所というのは人が持っていない、自分の強みとなる部分。

ほめられるというのは、その環境で輝いていた自分の能力が他人から評価されたものです。

たとえば、

  • デスク周りがキレイ
  • 姿勢がきれい
  • ファッションのコーディネートがおしゃれ
  • しゃべりがおもしろい
  • することが早い
  • 気が利く
  • いつも笑っていて明るい
  • お酒が強い

 

など、あなたも何かしら一つはほめられたことはありませんか?

人がほめてくれるということは、その能力を認めてくれている証拠。

一つでもあればその一つを極めるくらいに追求すれば、自信や行動力も一緒についてきます。

 

2. 自分の好きなことや得意なことを探す

長所をみつけるもう一つの方法は、「自分が好きで得意なことを探す」です。

ただ好きというよりは、得意なものだとなおよいでしょう。

というのも、自分が得意なことは、ストレスを感じることなく普通の人よりも成果を出すことができるからです。

趣味で続けているものや、人よりも成果の出ているものに目を向けてみると、自分の強みは何なのかが見えてきます。

 

ほめられたことがないなら、短所を長所に転換する

もしほめられたことがないと感じるなら、自分の短所に目を向けてみましょう。

発想の転換によって短所や弱みを長所化することも可能です。

たとえば、

  • 「優柔不断」 =物事を深く考えることができる
  • 「せっかち」 =スピード感をもって行動できる
  • 「友達いない」=一人でも強く生きていける
  • 「部屋が汚い」=環境適応力が高い
  • 「未婚」   =自由に使える時間や資金が多い

のように、一見短所に見えるものでも発想の仕方によって長所ととらえることができるようになります。

SPONSORED LINK

短所を補うより、長所を伸ばした方が世の中で求められる

短所や弱みはコンプレックスになりやすい部分ですが、目を向けないようにしましょう。

あるいは、先ほどのように、発想を転換して長所化してしまいましょう。

現代では短所を補うよりも、長所が飛び抜けている人の方が求められています。

たとえば、グローバルに活躍できる人財を見つけたいとき、学校のテストで全教科の平均点が70点の人と、それ以外はぱっとしないけど英語が100点満点の人、どちらを採用したいでしょうか。

もちろん、飛び抜けて英語の成績がいい人を採用したいはずです。

世の中には平均以上の能力を持った人は数多くいます。

その中で埋もれることがない、光ったものを持っていることが、これからの社会で重宝されるのです。

ですから、長所を伸ばして、どんどん自分をとがらせていきましょう。

とがった人ほど、壁を破る力は強くなります。

これからの人生の壁も突き破っていけるはずです。

 

自分の長所を伸ばすことで社会から求められる人財になれることを学べた。

わたしはなんて幸運なんだろう。

Lucky Rookie


 

今回紹介した本書は、経営者である著者の人生経験から得た、人生を後悔しないための行動哲学を教えてくれる一冊。

今したいことがあるけれど、一歩を踏み出せない人に勇気を与えてくれる内容で、読んでいるとやる気がどんどんわいてくるのを感じます。

興味がありましたら是非読んでみてください。

運を動かせ

 

あなたにおすすめの記事