出世する社会人のマナー-立って笑顔でお出迎えする-

笑顔のお出迎え

自分のもとに来てくれた人に対しては立って笑顔でお出迎えすると幸運になります。

 

自分を訪ねてきた人をどのようにお出迎えしている?

たとえば、職場のデスクで仕事をしているとき、話をしに来てくれた人がいたとしましょう。

そんなとき、自分は座ったままその人をお出迎えしますか?

それともイスから立ってお出迎えしますか?

実は「立つ」というちょっとした動作をプラスするだけで、相手に好印象をもってもらうことができます。

 

立ってお出迎えすることで、相手への敬意を表せる

座っている状態から立つだけですが、立つことで相手との目線が近くなるので、より親しい印象になります。

また、相手からすると「わざわざ立ってくれた」「歓迎されている」という気持ちが芽生えて少し嬉しくなります。

つまり、立って出迎えることで、相手に好感をもっている、敬意をもっていると示すことができるのです。

 

さらに笑顔をプラスするとグッと印象がよくなる

さらに、笑顔でお出迎えすることで印象はより良くなります。

立って笑顔で出迎える。

たったのこれだけで、非常に好感の持てる人というイメージを持ってもらうことができます。

周りの人から見ても、丁寧な対応だなと思ってもらえるため良いことづくしです。

 

立ってお出迎えするとなぜ幸運になるのか?

では、立ってお出迎えすることでなぜ幸運になるのでしょうか。

それは、人間関係が良好に保たれることが幸運には欠かせないからです。

幸運の多くは人からもたらされるもの。

たとえば、思わぬプレゼントをもらえたり、楽しいパーティに招待してもらえたり、ステキな人を紹介してもらえたり。

これらは良好な人間関係がなくては得られない幸運です。

ですから、少しでも相手に良い印象を持ってもらって、よい人間関係づくりをすることは、幸運に近づく一歩になるのです。

SPONSORED LINK

大切なのは平等に接すること

ここで気をつけたいのは、自分が気に入られたい人だけに丁寧に接してしまうこと。

たとえば、上司が来たときだけ笑顔で立って出迎えるけれども、その他の人には座って偉そうにしている。

こうした表裏がある人はクセが強いと思われるため、人から距離を置かれてしまいます。

大切なのは、誰にでも平等に、誠実に接することです。

「わたしのところにわざわざ来てくれてありがとう」という気持ちを持って人と接することで、相手への敬意が生まれて自然と笑顔で立ってお出迎えすることができるようになります。

 

お出迎えは人とコミュニケーションするときの入り口です。

相手に気持ちよくなってもらい、その後のコミュニケーションを円滑にするためにも、今日から笑顔で立ってお出迎えしてみてください。

 

立ってお出迎えすることでコミュニケーションが円滑になることに気づけた。

わたしはなんて幸運なんだろう。

Lucky Rookie

 

Jakob Montrasio / flickr

 

あなたにおすすめの記事

 

笑顔のお出迎え

無料メールマガジンに登録しませんか?

メルマガ購読・解除
非スピリチュアル幸運メルマガ「ラッキールーキー」
   


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


【保存版】非スピリチュアル!誰でも現実的に幸運になる方法完全マニュアル