自分の意見や言いたいことを上手に伝える3つのコツ

言いたいことがある

伝えたいことがあるけど、恥ずかしくて言えない。

言いたいことがあるけど、恐くて言えない。

上手に自分の言葉で伝えられずに、不運な思いをしたり損をしたことはありませんか。

今回は、自分の意見を表現するのが苦手な人でも、勇気をもてるようになる3つのコツを紹介します。

 

自分の言いたいことを上手に伝えるための3つのコツ

1. 言いたいことを一つにしぼる

まず大切なのは「言いたいことを一つにしぼる」ことです。

自分の意見を伝えるのが苦手な人は、言いたいことを相手に伝えたいがために、一生懸命にたくさんの言葉を発してしまいがち。

しかしこれは逆効果です。

言葉をたくさん言えば言うほど、何を言いたいのかが薄くなり、自分でも「あれ、何が言いたいんだっけ」と迷路にはまってしまいます。

シンプルに「何を伝えたいか」という結果のみを考えるように準備してみてください。

 

2. 前置きをせず、先に言いたいことを伝える

次に大切なのは、「前置きをしない」こと。

自分の意見を伝えるのが苦手な人は、前置きが長くなりがちです。

前置きが長くなると、聞いている相手は「それで何が言いたいの?」とイライラしてしまいます。

そんなときは、

  1. まず先に言いたいことを言う
  2. その後になんでそう思ったのか理由を言う

 

という2ステップで、シンプルに言いたいことを伝えてみてください。

 

3. 後のことは考えない

そしてもっとも大切なのは「後のことは考えない」こと。

自分の意見を伝えるのが苦手な人は、言った後のことを考えすぎてしまうから、言葉を言えずにいるのです。

これを言ったら怒られるんじゃないかな?

これを言ったら笑われるんじゃないかな?

そう考える気持ちもわかりますが、案外周りの人は優しいものです。

後のことは不安にならず、何より先にまず自分の想いを伝えてみてください。

 

SPONSORED LINK

自分の言いたいことを上手に伝えて、人生を素直に生きよう

いかがでしたか。

自分に正直に生きることができるというのは、それだけで幸せなことです。

自分の気持ちを押し殺さず、表現してみてください。

言葉で表現しないことには、相手には伝わりません。

自分の意見、言いたいこと、伝えたいことを上手に伝えて人生を素直に生きていきましょう。

 

自分の言いたいことを伝えるコツに気づくことができた。

わたしはなんて幸運なんだろう。

Lucky Rookie

 

Photo from Marina Spektr / flickr

 

あなたにおすすめの記事

 

言いたいことがある

無料メールマガジンに登録しませんか?

メルマガ購読・解除
非スピリチュアル幸運メルマガ「ラッキールーキー」
   


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


【保存版】非スピリチュアル!誰でも現実的に幸運になる方法完全マニュアル