仕事や面接で情熱・熱意を上手く伝える4つの会話テクニック

運をつかむ人16の習慣

自分の情熱・熱意を相手に上手く伝えることができると、目標が実現しやすくなり幸運が舞い込むようになります。

 

これは「運をつかむ人」16の習慣―成功する人が実行しているルール(マーク・マイヤーズ 著、玉置悟 訳、三笠書房)を読んで学ぶことができました。

自分の情熱・熱意を上手く伝える4つの方法

本書には以下のように書かれています。

私たちが人生で本当にコントロールできるものは、次の二つしかない。

それは、①自分の示す態度、②自分でする努力、である。

そして、情熱にはその両方が直接反映している。

だから、情熱的な人は気持ちの持ち方がポジティブで、人に気配りをしていることが伝わってくる。

多くの強運な人たちは、情熱の重要さを知っているばかりでなく、その強さにはいろいろなレベルがあることもまたわかっている。

(P.139 より)

運がいい人は自分の「情熱」が、自分の人生を豊かにする上で不可欠だということを知っており、同時に情熱をどのような方法で「したたかに」人に伝えればいいのかも知っていると著者は言います。

したたかでありながら効果的な情熱の伝え方とは以下の4つ。

  1. いい笑い方をする
  2. まずは控えめに熱意を伝える
  3. 相手の目をしっかり見る
  4. 自分よりも相手のことについて熱心になる

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

1. いい笑い方をする

いい笑い方は人の心に残ります。

あなたがいい笑い方をしているだけで、「温かい人」「困難にもへこたれない人」「人生がうまくいっている運の強い人」といった印象を持ってもらえるようになります。

いい笑い方をするために、実際に鏡の前で自分に向けて気持ちのいい笑顔で笑いかけてみてください。

自分がもっと好きになる、リラックスできるという効果もあります。

自分が気持ちよくならない笑顔では、他人を気持ちよくすることはできません。

毎日2分だけでいいので、笑顔の練習をしてみてください。

 

2. まずは控えめに熱意を伝える

相手がもの静かで控えめな人なのに、グイグイと自分の熱意を伝えてしまうと、「この人は圧迫感があるな」と思われて距離をおかれてしまったり、「口だけの信用できない人」と思われてしまうかもしれません。

そうならないためには、相手と同じレベルにあわせて自分を落ち着かせる必要があります。

一番いい方法は、最初からフルスロットルで接しないこと。

はじめのうちは控えめに接して、相手の様子を伺いながら自分の情熱の表現レベルを上げていき、柔軟に自分の想いを伝えましょう。

 

3. 相手の目をしっかり見る

視線の使い方をうまくするには、しゃべり始める前に必ず一度相手の目を見るように習慣づけましょう。

次に、相手が一区切りしゃべり終えたら、自分がしゃべる前に3つ数えるつもりで一息置き、相手の目を見るようにしましょう。

そうすることで、相手の言ったことをしっかりと聞いて意味を理解していますよという印象を与えることができます。

 

4. 自分よりも相手のことについて熱心になる

情熱的に語ることが苦手でも、情熱的に「聴く」ことはできます。

まずは自分のことを語るよりも、相手にたくさんの質問をして熱心に聴くようにしましょう。

そしてそれを行う上で気をつけたいのは、相手の話をさえぎらないようにすることです。

自分のしゃべりたいことをしゃべり終えた相手は、熱心に話を聞いてくれたことで気分がよくなり、いろいろなことに手を貸してくれるようになります。

SPONSORED LINK

笑顔で熱心に聴くことが情熱・熱意を伝えることになる

  1. いい笑い方をする
  2. まずは控えめに熱意を伝える
  3. 相手の目をしっかり見る
  4. 自分よりも相手のことについて熱心になる

いかがでしたか。

今回紹介した4つの方法はこざかしいテクニックではなく、誰でも実践できる簡単なものです。

特に、自分の想いを相手に伝えるのではなく、相手の気持ちを把握したり、相手の話に親身になることが情熱を伝えるための第一歩となります。

仕事や目標達成のために人と関わってきたけれども、いまいち自分の想いが伝わっていないといった悩みを抱えている方は、是非今回紹介したテクニックを試してみてください。

 

そして、幸運の多くは身の回りの人からもたらされるものです。

周りの人との人間関係をよくすることは、プレゼントがもらえたり、良い仕事がもらえたり、ステキな人を紹介してもらえるチャンスを増やすことになります。

活用する場面は多いはずですから、どんどん活用して、うまく情熱を伝えて、幸運を呼び込む人間関係もつくりましょう。

 

自分の情熱をうまく伝えるノウハウを学ぶことができた。

わたしはなんて幸運なんだろう。

Lucky Rookie


 

本書は人間関係をよくし、人生をしたたかに生きるためのノウハウを教えてくれる一冊。

特に、仕事に関するノウハウが充実しています。

本当に多くの情報がわかりやすく書かれており、これ一冊を読んで実践するだけで、大抵の人間関係や仕事の進め方は上手くなることができます。

少しボリュームは多いですがとても読みやすく、内容も現実的で実践しやすい。

個人的にオススメの一冊です。

興味がありましたら是非読んでみてください。

「運をつかむ人」16の習慣―成功する人が実行しているルール

 

あなたにおすすめの記事