雨間に、自分は晴れ人間だと思うと幸運を感じる

雨間の太陽

雨の日、たまたま自分が外に出た時に雨が弱まったり雨がやんだりすることがあります。

そんなときは「あ、ラッキー」と、ちょっと嬉しくなります。

 

静岡の三島へプチ旅行

今日は電車を使い、静岡の三島へ行ってきました。

秋分の日(祝日)ということで、家族と一緒に食事をしようということになっていたんです。

家族は実家から、わたしは一人暮らしをしている自宅から出発し、現地の三島駅で待ち合わせることになっていました。

前々から楽しみにしていたのですが、今日はあいにくの雨。朝家を出発したときはかなり強めに降っており、駅まで歩く間にびしょ濡れになってしまいました。

わたしは電車に乗り、窓の外を眺め「ああ、雨やまないかなー」と電車に揺られながらお天道様にお願いしていました。

 

奇跡的に雨が止んだ

そんな思いが届いたのか、三島はなんと雨が降っていませんでした。

どうやら雨間にさしかかったところだったようです。地面はかなり乾いており、傘はささなくて済みました。

「あなたは晴れ人間かもしれないね。」

無事に合流した家族からそんなことを言われてちょっぴり嬉しくなります。

 

家族揃ってうなぎの老舗「桜屋」へ

久しぶりに家族揃ってのランチです。

入ったお店はうなぎの老舗「桜屋」。三島に来たのは、この「桜屋」で美味しいうなぎを食べることが目的でした。贅沢な話です。

家族でふわふわの美味しいうなぎを食べ、久しぶりの団らんを楽しみます。

こうやって家族一緒に美味しいものを食べられるなんて、わたしは幸せです。

SPONSORED LINK

三嶋大社をプチ観光

うなぎを食べ終わり、近場に有名な神社「三嶋大社」があるとのことで参拝に行きました。プチ観光です。

三嶋大社にある天然記念物であるキンモクセイの香りを楽しみます。

キンモクセイはこんなに甘い良い香りがするんだと、初めての感動にひたりました。

また、神社には神鹿園(しんろくえん)があり、たくさんの鹿がいました。

鹿に餌を与えて楽しみます。鹿たちは食欲に忠実で、小さくて、とても可愛くて、ふれあうと心が癒されました。

参拝を終えてからは「福太郎」というあんこにくるまれた草餅をお茶と一緒にいただきました。これも甘すぎず美味しかったです。(お腹いっぱいでしたが。)

 

わたしは晴れ人間

神社のプチ観光を堪能して、帰りの電車に乗ろうと駅についた頃に雨が降り始めました。

なんというタイミング。

わたしは本当に晴れ人間じゃないだろうかと、冗談ながらも自分を疑ってしまいました。

もちろん、雨が止んでいたのは「たまたま」です。

でも、この雨間の「たまたま」をラッキーと受け取るだけで、前向きな気持ちになれました。

雨が降っていると少し嫌な気持ちになりますが、そんな中で小さな幸運を見つけられるようになれば、ネガティブな状況の中でも前向きになれるのでしょう。

 

偶然も少し前向きに捉えることで、幸せを感じることができるんですね。

幸運は自分の考え方一つで見つけることができる。色々な気づきや発見の多い一日でした。

 

そして何より、家族と過ごせた楽しい一日でした。

 

家族みんなで雨に降られず楽しむことができた。

お天道様に見守られたラッキーな一日だった。

わたしはなんて幸運なんだろう。

Lucky Rookie

 

Photo from Andrew Knapp / flickr

 

あなたにおすすめの記事