引越して大好きなパートナーと一緒に住みます!

楽しい引っ越しと同棲

大好きな人と一緒に住むことができるというのは、それだけで大きな幸運です。

 

嬉しいことに、パートナーと一緒に住むことに

この度、今お付き合いしているパートナーと婚約させていただくことができ、一緒に住むことになりました。

▼関連記事
インターコンチネンタル東京ベイでのサプライズプロポーズのすべて

大好きな人と一緒に住むことができるなんて、幸せです。

その反面、今まではお互い別々に住んでいて会うペースも週1回だったので、毎日顔を合わせることになるとどうなってしまうのか、ワクワクと不安とが入り混ざった気持ちになっています。

でもこれから結婚するのですから、一緒に住むことに早く慣れてしまおうということで、さっそく引越をしてしまいました。

 

自宅のモノの多さに感動・・・

引越は思いのほか大変な作業でした。

会社に届けを出したり、一緒に住む物件を探したり、引越業者を探したり。

物件や引越業者は運良くいいところが見つかりましたが、大変だったのはやはり引越作業。

荷物をまとめるにも、モノが多い!

わたしの狭い家のなかにこんなにモノがあったなんて・・・。

自分の家の可能性に少しの感動すら覚えました。

と言っていても何も進まないので、心を鬼にしてどんどん使っていないものを捨てていきました。

段ボールに荷物もまとめて、準備は万端です。

 

引越当日も大変!

引越当日、業者さんが来てテキパキと慣れた手つきで家具や段ボールを運び出します。

あっという間に山積みになった段ボールが無くなり、部屋がすーっと寂しくなりました。

・・・と、余韻にひたっている場合ではありません。今度は搬入作業があります。

新居の方はというと、わたしが引越す前日にパートナーが搬入していたため、新居の室内は段ボールの山。

入るのか・・・という不安もありましたがもう動くしかありません。

 

さすが、引越のプロ

さすが、引越のプロです。

きっと3次元空間認識力を鍛えるパズルトレーニングを毎日欠かさずこなしているのでしょう。

結論を言いますと、荷物はすべて入りました。

入れることはできました。

入れることは。

・・・荷物が動かせない!

動けるスペースはかろうじてあるものの、作業するにはあまりにも狭い!

パートナーと話し合った結果、少しでもスペースを確保するために、考えることをやめて目の前の箱を片づけていくことにしました。

これが功を奏して、徐々に家の床が顔を出してきます。

夜遅くまで作業して、何とか生きることはできる形にはなり落ち着きました。

パートナーとのし烈な収納スペース争いは今もなお続いていますが。

SPONSORED LINK

これからの共同生活が楽しみ

そんな感じにバタバタと引越を終えて、大家さんにも挨拶をして、ひとまずの引越の完了を終え、ささやかな祝杯を上げました。

大好きな人と2人での共同生活。

これから毎日顔を合わせるんですね。

パートナーの知らない部分も見られてしまいますし、わたしもパートナーの隠された側面を見ることになるのでしょう。

そして、きっとケンカとかすれ違いも増えてくるでしょう。

でも元々は別々の人間ですから、生きてきた文化や常識の違いがあるのは当然。

そうしてお互いのいいところ、悪いところを認め合って一歩一歩前に進んでいくのですね。

 

パートナーへ

いろいろと迷惑をかけたり、苦労をかけたり、イライラさせてしまうかも知れないけれど、あなたを好きな気持ちは変わりません(2017年3月現在)。

泣きあり笑いありの一つ屋根の下で、一緒に支え合って共同生活を楽しんでいきましょう。

 

わたしたちの新生活は、今始まったばかりです。

 

大好きなパートナーと一緒に住むことができる。

わたしはなんて幸運なんだろう。

Lucky Rookie

 

Photo from Valeria Schettino / flickr

 

あなたにおすすめの記事