夜を一日の始まりにしよう!前日夜の準備と良質な睡眠が人生を豊かにする

運がよくなる月の習慣、太陽の習慣

夜を一日の始めに設定すると、生活が整い幸運な毎日を送ることができるようになります。

 

これは運がよくなる 月の習慣、太陽の習慣 もっともっと成功できる91の生き方術(松永修岳 著、幻冬舎)を読んで学ぶことができました。

運のいい人たちは一日を夜から始めている

本書には以下のように書かれています。

長年、運を研究しつづけて気づいたことがあります。

運のいい人たちはみんな、一日を夜から始めているのです。

一般的に一日のスタートは朝だと考えられています。

ところが運命学の視点で見た場合、正しい24時間の巡りは「朝から朝」ではなく、「夜から夜」なのです。

夜が一日の始点です。

そして朝日とともにいい氣を自分に取り込めるよう、準備をする時間なのです。

(P.18 より)

普通は朝を一日の始めとするのが一般的ですが、著者は夜こそ大切にしたい時間だと言います。

 

なぜ朝ではなく夜を一日の始まりにするのか

では、なぜ朝ではなく夜を一日の始めにするのかというと、翌日の「準備」をするためです。

この準備とは「翌日の持ち物」「翌日着る服」「翌日履く靴」などがあります。

そして、最も大切な準備は「睡眠」です。

睡眠が生きる上で大切になってくることは知っての通り。

そこで、睡眠を一日の始まりと終わりにするのではなく、一日の活動の一つとしてとらえるのです。

 

睡眠をその日の活動ととらえることで、生活が整う

夜を一日のスタートとしたイメージは以下のようになります。

  1. まず翌日の準備(持ち物、着るもの、履くものなど)をする
  2. 翌日活動する準備として「睡眠」をしっかりとる
  3. 翌朝に余裕ができ、十分な睡眠のおかげで昼間は活動的になる
  4. 夜になり帰宅。お風呂に入って体をリフレッシュ
  5. (1) にもどる

 

この考え方のいい点は、「睡眠」を一つの活動としてとらえているところです。

普通、睡眠といったら何もしていないイメージですが、健康維持のための重要な活動の一つです。

活動の一つとしてイメージすることで、意識的に良質な睡眠をとろうとします。

そうすることで、十分に睡眠を取ろうと積極的になり、健康的になり、活動も活発になるという好循環に入ることができるのです。

SPONSORED LINK

朝起きるのが苦手なら夜の準備に集中しよう

前日に翌日の準備をするのは基本ですが、「睡眠」を翌日の準備として考えている人はあまりいないでしょう。

睡眠を含めて夜にできる準備をしっかりしておくと、翌日の充実感が変わってきます。

もし朝バタバタしてしまう癖があるのなら、前日の夜の時間の使い方を見直してみてください。

「睡眠」という準備を取り入れて、毎日を充実させましょう。

 

新しい生活サイクルの作り方を学ぶことができた。

わたしはなんて幸運なんだろう。

Lucky Rookie

運がよくなる 月の習慣、太陽の習慣 もっともっと成功できる91の生き方術

 

あなたにおすすめの記事