今の自分の運気を確認・知る方法

強運のつかみ方

今の自分の運気が上向きか下向きか、誰でも簡単に確認できる方法がありました。

 

これは1%の幸運を100%手に入れる強運のつかみ方(橋本京明 著、大和書房)を読んで学ぶことができました。

今回は本書より、誰でも簡単にできる自分の運気の確認方法を学びましたので紹介させていただきます。

 

自分の運気を簡単に確認する方法

本書では誰でもできる運気の簡単な確認方法として以下の2つを紹介しています。

  • カフェやレストランで案内された席を確認する
  • デジタル式時計の「決まった時刻」を見る頻度を確認する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

レストランで案内された席を確認する

一つ目は、カフェやレストランなどに入ったときに、入り口から近いところに通されたか、店の奥に通されたかで見分けるというものです。

席には上座、下座があって、お客さんには上座に座っていただくのが通常です。

それと同様に、家や部屋にも上座と下座があります。

部屋の入り口から近いところは下座で、奥であればあるほど上座になります。

下座はいつも人が出入りしているので落ち着かない場所。

一方、上座は人の出入りがなく落ち着ける場所ですから、運がいい人は必然的に上座である奥の席に通され、運が下がっている人は入り口近くの席に案内されることになります。

(P.97 より)

カフェやレストランで案内された席が店の入り口近くか奥かで自分の運気を確認するという方法です。

なるほど、とてもシンプルでわかりやすいですね。

自分で座る席を選べるような場合は、奥の落ち着いた席が空いていて座れるかどうかで判断できるでしょう。

 

デジタル式時計の「決まった時刻」を見る頻度を確認する

2つ目は、デジタル式時計の “決まった時間” を見る頻度でわかります。

たとえば、たまたま見た時間が、昨日と同じ “14時35分” だった、また “5時55分” のように同じ数字の並びだったということはありませんか?

実は、こういうときは運気が上がっているときです。

時計というものは、もともと自然の持つリズム(地球の自転の速度や、太陽の周りを地球が回る速度など)を人間の生活に合わせて数字にしたものです。

つまり、決まった時間を何度も見るということは、自分のリズムと自然のリズムが合っていることを体感しているということです。

(P.96-P.97 より)

もう一つはデジタル時計を見たときの時刻で判断するものです。

これはスマートフォンの待ち受け画面などで確認できますね。

著者は「自分のバイオリズム(生活リズム)」が、日の出日の入り、月の満ち欠け、季節などの「自然のリズム」と親和していることが運気を向上させるために不可欠だと語っています。

連日にわたり同じ時刻を目撃するというのは、自分のリズムが地球の自転周期と親和しているということ。

また、“5時55分” のように数字のゾロ目はエンジェルナンバーと呼ばれており、数字がわたしたちに対して何らかのメッセージを送っているというもの。

こちらもその数字の意味から自分の今の運気を確認することができます。

SPONSORED LINK

自分の運気を手軽にチェックしよう

  • カフェやレストランで案内された席を確認する
  • デジタル式時計の「決まった時刻」を見る頻度を確認する

これら2つの方法の優れているところは、誰でも簡単に何の労力なしに確認できるところですね。

「幸運」という見えないものを測る一つの指標として積極的に活用できそうです。

 

ダイエットを成功させるために毎日の体重チェックが欠かせないように、幸運を引き寄せるためには日々の運気チェックが欠かせません。

今回紹介した方法で自分の運気を確認して、もし下がり気味だと感じたなら、自分を振り返ってみて生活に少し変化をつけてみると良さそうですね。

 

自分の運気の状態が簡単にわかる方法を学べた。

わたしはなんて幸運なんだろう。

Lucky Rookie


 

今回紹介した本書は日本最後の陰陽師と称される著者が、理想的な運気をつくりキープするための思考法や実践方法を具体的に紹介してくれる一冊。

強運になるための習慣、人間関係、恋愛や結婚、仕事やお金、健康など、様々な角度から幸運を引き寄せる方法を学ぶことができます。

興味がありましたら是非読んでみてください。

1%の幸運を100%手に入れる強運のつかみ方

 

あなたにおすすめの記事