汚くて嫌いな自分を受け入れて好きになると幸運のサイクルが生まれる

自分を受け入れる

自分の一番嫌いな部分を好きに、汚い部分をキレイにすることで、自分に自信が持てて幸せと幸運のサイクルが生まれます。

 

あなたは自分のこんなところをなおしたい、こんな自分を変えたいと思ったことはありませんか?

わたしはコンプレックスがたくさんありました。

でも、自分の嫌いな部分を受け入れて、汚い部分をキレイにしていく習慣を身につけてからはすべてが好転したんです。

もしその習慣を意識していなければ、「自分は不運だ」と一生ずっと嘆いていたかもしれません。

そこで今回は、わたしが「自分の嫌いな部分を好きになる」ために実践した方法を紹介します。

 

「トイレがきれいなお店」と「トイレが汚いお店」どちらに行きたい?

ステキなレストランやカフェやバーに共通しているのは、料理やサービスの質はもちろんですが、空間がきれいなこと。

特に一番汚くなるトイレがとてもキレイなことが挙げられます。

「トイレがピカピカできれいなお店」と「トイレがベトベトで汚いお店」だったら、どちらのリピーターになりたいですか?

答えるまでもありませんね。

一番汚いところがそのままでいると、たったのそれだけで店の魅力が無くなってしまいます。

これは、実はわたしたち人間にもあてはまるのです。

 

誰でも持っている自分の汚くて嫌いな部分

人間の汚い部分、それは「自分の嫌いなところ」「コンプレックスに思うところ」です。

たとえば、

  • 性格がネガティブ
  • 恋愛で執着する
  • 頭が悪い
  • 太っている
  • 身長が低い
  • 顔立ちが特徴的
  • 家庭の事情が複雑

など、あなたにも何かしら心当たりがあるのではないでしょうか。

これら汚い部分へのアプローチ方法は大きく2つ。

「見て見ぬ振りをする」か「なんとか改善行動をとる」かです。

「どうせわたしは◯◯だから」といって見て見ぬ振りをするのは、お店のトイレを汚いまま目をつむるのと同じで根本的な解決にはなりません。

ということは、何とか改善行動をとることが、自分の汚くて嫌いな部分を好きになる唯一の方法です。

では、その方法とは一体どのようなものでしょうか。

 

自分の汚い部分をキレイにするには汚いことを「受け入れる」

まず、自分の汚い部分をキレイにして好きになるためには、汚いということを受け入れることから始まります。

掃除をするときも、「汚ないなー」という認識があってはじめて掃除をしようという行動に移りますね。

もうすでに「自分には汚くて嫌いな部分がある」という認識はあるのですから、まずは自分の汚い部分を受け入れましょう。

簡単です。

わたしには汚くて嫌いな部分がある

そう思うだけです。

「受け入れる」、たったのそれだけで自分をキレイにする準備ができました。

 

受け入れたら、キレイにしていきましょう!

自分の汚いところを受け入れることができたら、もうあとは簡単です。

先ほどの例を考えてみましょう。

  • 性格がネガティブ →なおせる
  • 恋愛で執着する  →なおせる
  • 頭が悪い     →なおせる
  • 太っている    →なおせる
  • 身長が低い    →むずかしい
  • 顔立ちが特徴的  →むずかしい
  • 家庭の事情が複雑 →むずかしい

汚い部分を受け入れれば、どのように掃除すればいいかわかります。

性格は意識してポジティブになおせます。

恋愛は気持ちを切り替えれば執着しなくて済みます。

勉強すれば少しずつ頭は良くなります。

ダイエットすれば体はスリムになります。

なおせるものに関しては、思いつく改善行動をとるだけです。

 

なおすのが難しいものはどうする?

問題になってくるのは「身長が低い」「顔立ちが特徴的」「家庭の事情が複雑」といった、なおすのが難しいものですね。

そこで質問しますが、掃除していてどうしても取れない汚れが部屋の中にあったとき、あなたならどうしますか?

  • 気にせずそのままにする
  • 見えないように何かで飾る

のどちらかでしょう。

これは実はどちらも正解です。

気にせずそのままにするというのは、その事実を受け入れることができているということ。

「そういうものだから仕方ない」と受け入れてしまえば、汚れは気にならなくなります。

 

また、見えないように何かで飾るというのは、自分の今の状況を工夫していることになります。

どうしようもできないけれど、きっと何かできることはあると考えて改善していくと、その空間が明るく華やかになりますね。

それと同じように、そういった努力が自分の魅力をアップさせることにつながります。

 

どんどん汚い部分が改善されていき、自信が出て来る

こうして考えてみると、自分の汚い部分、嫌いな部分は何かしらの工夫で改善することができることがわかります。

ですから、「わたしは◯◯だからムリ」とあきらめる前に、今回紹介した考え方を持ってみてください。

一つでも、自分の汚くて嫌いな部分が改善されると、人は不思議なものでどんどん自信が湧いてくるようになります。

それはそうです。

今まで後ろを向いていた自分が、自分のイヤな部分を受け入れて、改善して、前を向いたんですから。

胸を張って、自信をもっていい。

とても誇れる成長です。

 

また新しい汚れに気づくようになる

そして、どんどん汚い部分が改善されていき自信が出て来ると、今度は別の汚い部分が見えてきます。

掃除していて全体がキレイになったら、少し汚れている部分が気になるようなものです。

これはいい傾向で、自分の改善点がわかっているということですから、同じような方法で、どんどん自分を成長させていくことでポジティブでステキな人間へとステップアップしていきます。

こうして、自分の汚い部分をキレイに、ネガティブな部分をポジティブにしていくスパイラルに入ることができるのです。

SPONSORED LINK

好感のもてる人には幸運が舞い込む

自分を成長させようと頑張っている人には幸運が舞い込みます。

というのは2つの理由があります。

  • 通り過ぎてしまうような小さな幸運に気づくようになるため
  • 人からもらえる幸運の数が増えるため

それぞれ説明します。

 

通り過ぎてしまうような小さな幸運に気づくようになる

幸運が舞い込むようになる理由の一つ目は、通り過ぎてしまうような小さな幸運に気づけるようになるためです。

これは、自分を振り返ることが上手くなるので、視野が広くなり感受性も豊かになるから可能になります。

たとえば、

  • 信号が全部青でスムーズに目的地に行けた
  • 電車で目の前の席が空いて座れた
  • ほしかった商品の最後の一つをゲットできた
  • レストランの奥の落ち着いた席に案内してもらえた
  • 落とし物や無くした物が見つかった
  • いつも使っているものがセールで安く買えた
  • お店の店員さんが優しい対応をしてくれた

など、こういった何気ないことは気づきにくいですが、小さなラッキーですね。

日々を振り返って、小さな幸運に気づけるようになることで幸福に包まれた毎日を送ることができるようになります。

 

人からもらえる幸運の数が増える

幸運が舞い込むようになるもう一つの理由は、人からの好感度が上がるので、人からもらえる幸運の数が増えるためです。

幸運というのは、基本的に人からもたらされることが多いもの。

たとえば思わぬプレゼントをもらったり、ステキな人を紹介してもらえたり、仕事が認められて昇給昇進したり。

幸運が人からもたらされるということは、人から好かれることが大切です。

今回紹介した考え方で、自分の汚い部分を改善していくと、どんどん自分に自信がでてきて笑顔になるので他人からは毎日楽しく過ごしているように見えます。

自分に自信があると、心にも余裕ができますので、人とも積極的にコミュニケーションするようになり、人間関係も良好になっていきます。

その結果、思わぬラッキーを受け取ることができるようになるのです。

 

まとめ:自分の汚くて嫌いな部分を受け入れて、改善して、幸運を見つけよう

今回の話をまとめると

  • 人には「自分の嫌いなところ」「コンプレックスに思うところ」がある
  • 「自分には汚くて嫌いな部分がある」ことを受け入れる
  • 改善できる汚いものは改善する
  • 改善が難しい汚いものは「気にしない」か「何かで飾る」
  • 自分の嫌いな汚い部分をなおすと自信がもてて、どんどん良いスパイラルに入る
  • 小さな幸運に気づいたり、幸運が舞い込むようになる

となります。

誰にでも自分の中には嫌いな部分、なおしたい部分はあるもの。

しかし、何もせずそのままネガティブな気持ちで過ごしてしまっても、何の解決にもなりません。

今回の記事を読んでいただき、少しでもあなたを勇気づける力になれば、これほど嬉しいことはありません。

人生は一度きりです。

是非、自分を受け入れて、自信を持って、楽しい人生を送りましょう。

 

自分を受け入れる方法に気づくことができた。

わたしはなんて幸運なんだろう。

Lucky Rookie

 

Photo from Hope Abrams / flickr

 

あなたにおすすめの記事