幸運や幸せを見つけるためには素直なあきらめも必要

ハワイアン・マナ

時には素直にあきらめることも幸運になるためには必要です。

 

これはハワイアン・マナ 99の幸運習慣(朱実カウラオヒ 著、実業之日本社)を読んで学ぶことができました。

自分の力でどうしようもないことは素直にあきらめる

本書には以下のように書かれています。

文句を言ったところで、変わらないことってありますよね。

そういうときは、「あきらめる」ことも必要です。

文句を言って、精神的なダメージを受けるぐらいなら、頭を切り替えてあきらめ、ぱっと忘れることでラクになります。

「今回のことは、いい勉強になった。イヤな気持ちをキャンセル、キャンセル」

たとえ、自分が悪くなかったとしても、イヤな気分とさよならするために、あきらめの回路をつくることも、時には必要ですよ。

(P.139 より)

不快なことやイヤなことがあったとき、ネガティブな気持ちを引きずってしまうとその後の生活にまで影響を与えてしまいます。

そうならないように、イヤなことをスパッと忘れて気持ちを切り替えることも時には大切だと著者は言います。

 

気持ちを切り替える3つの方法

では、どのようにしてあきらめの心をもって気持ちを切り替えればいいのでしょうか。

著者は3つの方法を本書で紹介しています。

 

1. 10カウント数える

カーッとなったときは、まず10カウントを数えます。

これは声に出すとよいとのこと。

「1、2、3、4、・・・」と数えていると、少しずつ心の炎が小さくなっていき冷静さを取り戻すことができます。

 

2. ネガティブをポジティブに置き換える

自分の中に芽生えた気持ちをポジティブなことに置き換えます。

「この人を反面教師にして学ぶことができた」

「自分の方にも非はあったな、次から気をつけよう」

など、前向きにとらえることでネガティブだった気持ちをポジティブな学びに変換することができます。

 

3. 一呼吸おいてから発言する

イラッとしているときは口を突いて悪い言葉が出てきてしまいます。

それが原因でさらにトラブルが大きくなってしまうこともよくあることです。

一呼吸おいてから、言葉を選んで冷静に発言することで、大人な対応をすることができます。

 

これらの3つの方法をすべてできるようになると、イヤなことがあったときでも前向きに気持ちを切り替えることができるようになります。

SPONSORED LINK

大切なのは冷静さと素直なあきらめ

イヤなことがあったときは気持ちをズルズルと引きずってしまうもの。

しかし、イヤな気持ちをいつまでも引きずっていても何もいいことはありません。

そのイヤな気持ちを改善するために何か行動することはできますか?

行動できるのならば、状況の改善に向けて是非行動してください。

もしできないのなら、自分にはどうしようもないこと。

過ぎ去ってしまったことはどうしようもありませんし、改善するための行動もできないなら、そのネガティブな気持ちは今の人生に不必要なものです。

今回紹介した方法をつかって、気持ちを切り替えて、素直にあきらめてみてはいかがでしょうか。

 

時にはあきらめることも必要だと学ぶことができた。

わたしはなんて幸運なんだろう。

Lucky Rookie


 

本書はハワイでヒーリングサロンを経営している著者が、ハワイでの心豊かな生活から得た幸せに満ちた生活を送るための秘訣を教えてくれる一冊。

「ホーポノポノ」をはじめとしたハワイ独特の幸運習慣を学ぶことができます。

興味がありましたら是非読んでみてください。

ハワイアン・マナ 99の幸運習慣

 

あなたにおすすめの記事