弱い立場の人に優しく接する人は幸運になる

見下す人

弱い立場の人に優しく接することができる人は幸運を引き寄せることができます。

 

弱い立場の人への態度で、自分のことがわかる

弱い立場の人というのは、後輩などの目下の人、トラブルを抱えて困っている人、孤独で苦しんでいる人など様々です。

実は、こういった弱い立場の人にとる態度は、自分の弱い部分をどのようにとらえているかを表しているのです。

たとえば、レストランで注文をするとき、自分がお客様だからと上から目線で大きな態度で接している人。

こういう人は、自分が小さい人間がゆえに大きく見せたい人という願望、自分のコンプレックスが現れてしまっているのです。

気づかないでそのままにしているのは自分の価値を下げてしまいますから気をつけなくてはなりません。

 

自分の態度に気づく方法

では、自分がどのような態度で人と接しているのか、どうしたら気づくことができるでしょうか。

方法は3つあります。

 

1. 親しい人に注意してもらう

一番効果があるのは、他人に指摘してもらうことです。

自分のことを客観的に見つめることはとても難しいこと。

ですから、自分の素行が悪かったときには注意してもらうように、親しい友人などにお願いしておくといいでしょう。

もし、注意されたときは、イラッとせず、謙虚に受け入れることが大切です。

 

2. 他人を見て直す

2つめは他人の態度の悪さを見て、自分の行いを直す方法です。

「人のふり見て我がふり直せ」という言葉をそのまま実践します。

自分の態度は気づきにくいものですから、他人を見て自分の態度を振り返ります。

他人の態度に対して、不愉快に感じたなら、それを自分が行っていないか振り返ってみてください。

 

3. 自分で意識する

3つめは日頃から自分の態度を意識する方法です。

たとえば、一日の終わりに「今日の自分の態度は悪くなかったかな?」と振り返りをするだけでも効果があります。

自分で自分のことを客観的に見るのはなかなか難しいもの。

ですが、一日一回でも振り返る習慣をつくると、次第に自分を客観的に見つめることができるようになります。

自分を振り返ることは、日常生活を豊かにするためにも欠かせませんので、是非身につけたい方法です。

 

大切なのはいつも謙虚でいること

以上、自分の態度に気づくための3つの方法を紹介しました。

どの方法にも共通して大切なことは、「謙虚であること」です。

自分の日頃の態度に気づくためには、その事実を受け入れる謙虚さが必要になります。

「わたしはそんな態度をとっていない」といって、事実をはねのけては改善することができません。

「そうか、自分は冷たい態度をとっていたのか」と、一度受け入れることで精神的に成長して、弱い立場の人に優しく接することができるようになります。

SPONSORED LINK

弱い立場の人に優しい人は幸運になる

弱い立場の人に誠実に接することができる人は幸運になります。

なぜなら、その行いは必ず他人の目に入るためです。

たとえば、

弱い立場の人に優しくすると、

→それを見ていた友人が良い噂を立てる

→その噂が周囲の人や目上の人に伝わる

→評価が上がる

という良い流れができます。

その結果、思わぬプレゼントをもらえたり、楽しいパーティに招待してもらえたり、ステキな人を紹介されたり、予想外の幸運が訪れるようになります。

 

もし心当たりがあるなら、弱い立場の人に対して優しく接するようにしてみてください。

その行動は多くの人を幸せにすると同時に、自分のことも幸せにしてくれます。

 

弱い立場の人に優しく接する大切さに気づけた。

わたしはなんて幸運なんだろう。

Lucky Rookie

 

Photo from x1klima / flickr

 

あなたにおすすめの記事

 

見下す人

無料メールマガジンに登録しませんか?

メルマガ購読・解除
非スピリチュアル幸運メルマガ「ラッキールーキー」
   


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


【保存版】非スピリチュアル!誰でも現実的に幸運になる方法完全マニュアル