初対面の人の顔と名前を覚える4つのコツで幸運になろう

幸運力を育てる本

人の名前を覚えて関係を良好にすると、幸運が舞い込むようになります。

 

これは「幸運力」を育てる本(H.サマーズ & A.ワトソン 著、山口羊子 訳、ディスカヴァー・トゥエンティワン)を読んで学ぶことができました。

初対面の人の顔と名前を覚えるのは難しい!

人の名前を覚えることは幸運になる第一歩です。

というのも、幸運の多くは人からもたらされるものだからです。

とはいえ、名前を覚えることが苦手という人も多いですよね。

そこで本書では、誰でも名前を覚えやすくする4つの方法を教えてくれています。

 

初対面の人の顔と名前を覚える効果的な4つの方法

1. 繰り返し名前を呼ぶ

まず、一番効果的なのが繰り返し相手の名前を呼ぶことです。

少なくとも3回、相手の名前を繰り返し呼ぶことで記憶が定着しやすくなります。

できればフルネームで相手の名前を呼んでみてください。

名前を呼ぶと親しみがでるため仲良くなることもできます。

 

2. ネームプレートを想像する

相手の頭の上に、相手の名前が書かれたネームプレートが置かれているところをイメージします。

これは、文字として記憶するための方法です。

相手の名前を覚えるのと一緒に文字としても記憶することで、より覚えやすくなります。

 

3. 似ている人とリンクさせる

自分が知っている人の中から相手に似ている人を思い浮かべます。

そして、相手の顔の横にその似ている人の顔を並べるイメージをしてみてください。

人間の脳は似ているもの同士を結びつけるのが得意です。

次に会ったときに、「こんなタイプの人だった」と思い出すことができます。

 

4. 名前から絵を思い描く

人の名前を見て連想できるものをイメージして覚えます。

たとえば、名前が「夕美(ゆうみ)」だったら美しい夕焼けの中にその人が立っているイメージを思い浮かべてみます。

自分が最初にインスピレーションを感じたイメージは記憶に強く残りますから、次に会ったときも同じイメージを思い浮かべることで名前を思い出すことができます。

SPONSORED LINK

まずは相手の名前を呼ぶことからはじめよう

いかがでしたか。

今回紹介した方法の中で、まずは最も基本である「相手の名前を呼ぶ」ことを積極的に実践してみてください。

ただ名前を呼ぶだけですが、名前を呼ばれるのは思いのほか嬉しいもの。きっと喜んでくれます。

人とのいいつながりができると、その人から思わぬ幸運が舞い込むようになります。

是非相手の名前を覚えて、良い人間関係をつくっていきましょう。

 

人の顔と名前を覚える方法を学ぶことができた。

わたしはなんて幸運なんだろう。

Lucky Rookie


 

本書は「自分で決める力」「あきらめない力」「チャレンジする力」「内なる声の力」「人間関係の力」「前向きに考える力」「自分を知る力」の7つの力をつける具体的な方法を学ぶことができる一冊。

どれも実践しやすいものばかりなので、生活の中ですぐに使うことができます。

興味がありましたら是非読んでみてください。

「幸運力」を育てる本

 

あなたにおすすめの記事