すぐできる!誰でも聞き上手になれる5つのコツで幸運になろう

凡人が強運をつかむ59の心得

凡人でも聞き上手になれる5つのコツがあります。

 

これは凡人が「強運」をつかむ59の心得(右近勝吉 著、講談社)を読んで学ぶことができました。

今回は本書より、凡人でも聞き上手になる5つのコツを学びましたので紹介します。

 

人が話をするのは、自分のことを受け入れてもらいたいから

話をすることで相手が求めているのは、「自分の話を聞いてもらうこと」

そしてその心は「自分を受け入れてほしい」ということにあります。

ですから、余計なことはせずに、ただ聞いてあげるだけで相手は満足してくれるのです。

とはいえ、その「ただ聞いてあげる」ことが難しい。

そこで著者は、人の話を聞くとき、以下の5つのコツをいつも意識しているのだそうです。

 

凡人でも聞き上手になる5つのコツ

1. 相槌を打たない

意外かもしれませんが、「相槌を打たない」ことが実は大切。

「はい、はい」「なるほどね」「たしかにね」などの相槌は無意識にしてしまいがちですが、これらの相槌は話を真面目に聞いていない印象を与えてしまいます。

相手の目を見て、笑顔で微笑み、ただ小さくうなずく。

それだけで相手は安心して話してくれます。

 

2. アドバイスをしない

相談されるとき、ただ聞いているだけではなく、何かアドバイスしてあげた方がいいのではないかと思うかもしれませんが、実はそうではありません。

「悩みの相談に乗ってほしい」というのは、ほとんどの場合、「悩みを聞いてほしい」ということ。

つまり「話を聞いてほしい」ということです。

下手にアドバイスしたり、その人を否定したりすることは、かえって逆効果になります。

 

3. 余計な質問をしない

上手に質問をして相手の話をうまく引き出すことはコミュニケーションとしては上級のテクニックです。

そんな難しいことをしなくても、必要なことは相手が次から次に話をしてくれます。

話を理解するためにどうしても必要なときだけ質問するようにしてみてください。

 

4. ウソをつかない

相手に対して正直でいること、誠実でいることで、信頼感を得ることができます。

優しさからウソをつくこともあるかもしれませんが、そうしたウソさえつきません。

優しさだとしても、ウソをつくことは自分にも相手にも不誠実なことだからです。

 

5. 自慢話や知ったかぶりをしない

人の自慢話やうんちくを聞いて喜ぶ人はいません。

相手の話を聞いていると自分のことを話したくなりますが、そこはグッとこらえて聞き役に徹します。

自分の話の内容よりも、相手の話の内容に興味を持って聞いてみてください。

 

口下手な凡人こそ、聞き上手の才能がある

どんな内容の話であれ、人は他人に話を聞いてもらうだけで気がすむということがあるんだ。

聞く側の人間の甲斐性とは、気の利いた返答をすることではなく、まず根気よく聞いてあげることなんだ。

そう思ったのです。

よく「話し上手より聞き上手」という言葉がありますが、聞き上手になるためには、自分が何かしゃべろうとすることよりも、まず聞くことなのです。

そして、凡人ならば、それができます。

才人は「いいことを言う」のは得意でも「黙って聞く」ことは案外、苦手な人が多いものです。

凡人こそ「聞き上手」の素質があるといっていいでしょう。

(P.98 より)

頭のいい人は話すのが上手ですし好きでもありますね。

それに対して、凡人は口下手な人も多い。

しかし、だからこそ、凡人は聞き上手の才能があるのだと著者は言います。

もし自分はあまりしゃべらない、コミュニケーションの才能がないと思っているなら、今日から考え直してみてください。

人の話を前にして黙って聞いているというのは、それだけで立派な才能なのです。

SPONSORED LINK

聞き上手のもとには人も話も幸運も集まる

聞き上手な人のところには、どんどん人が集まってきます。

話を黙って聞いてくれることで安心感を与えて、人から好かれるからです。

そしてその親切さや誠実さから、色々と幸運な話も集まってきます。

「パーティがあるんだけど来てみない?」

「旅行の話聞いてよ!美味しいお土産あるからさ!」

「今まで相談にのってくれたお礼に、いい人紹介したいんだ!」

などなど。

人の話を聞いているだけで、幸運な状況というのも集まるものなのです。

 

話すのは好きだけど、聞くのはあんまり……という人は意外と多いもの。

それだけに、自分の話を真剣に聞いてくれる人というのはとても重宝されます。

もし、自分が話下手だと思うなら、今回紹介した聞き上手になる5つのコツを実践してみてください。

声が耳に入ってくる数だけ、幸運が舞い込む可能性も大きくなるでしょう。

 

凡人でも聞き上手になるコツを学ぶことができた。

わたしはなんて幸運なんだろう。

Lucky Rookie


 

今回紹介した本書は、何の取り柄もない凡人である著者が、便利屋として成功できた秘訣を教えてくれる一冊。

凡人であることを受け入れることの大切さ、凡人なら誰でも幸せになれるのだという勇気を得ることができます。

興味がありましたら是非読んでみてください。

凡人が「強運」をつかむ59の心得

 

あなたにおすすめの記事