運が悪いときは自分の行動を振り返る

自分の行動を振り返る

日々の生活の運が悪いサインをみつけたとき、自分の行動を振り返って改善することで、運気を上向きにすることができます。

 

誰にでもある運が悪いとき

  • 今日は信号によくひっかかるな
  • 電車の乗り換えがうまくいかないな
  • レストランの席が悪いな
  • 駐車場が空かないな

といったようにちょっと運が悪いなという体験をすることは、誰でも一度はあるのではないでしょうか。

自分の運気を確認する』という記事で自分の運気の状態を確認する方法を紹介しましたが、このような小さな現象も自分の運が上向きか下向きか判断する材料として使えます。

運気が上向いているときはスムーズに都合のいい状態になります。

信号にはつかまらず、乗り換えもスムーズ、レストランの席は奥の落ち着いた場所、駐車場も目の前が空いてラッキー、といった具合です。

逆に運気が下向きだと、先のように都合のいい状態にはなかなかなりません。

 

運が悪いときこそ自分の振る舞いを振り返ってみる

このシンプルな感覚を知っておくだけで、自分の行動を振り返るのに活用できます。

運気が良いと感じたら、そのままのいい調子をキープすればよいでしょう。

もし運気が悪いなと感じたら、

自分の生活リズムが乱れているのかも?

食生活が悪くなっているのかも?

人への接し方が悪かったかも?

など何か運気が下がる原因があったかを振り返ってみると、自分の振る舞いの改善点に気づくことができます。

 

運と行動は関係している

ここでは運気が下がっている原因を自分の行動と結びつけていますが、実際に運気の上下と行動は関係しています。

良い行いができ、自分を大切にできていれば、自然と笑顔になるので人も集まり、仕事なども円滑にすすめることができる。

結果、成果を出してさらに良い状況が舞い込むようになり、振り返ると「運が良かった」となります。

 

逆に、行いが悪く、自分を消耗させていれば、笑顔は少なくなり人が離れていきます。

仕事もうまく回らなくなり辛い状況が続くという負のスパイラルに陥り、結果、「運が悪かった」という状況になるわけです。

ですから、運気の状態をこういった些細なことで確認して、自分の行動に悪い点が無かったかを自己分析すると改善点が見つかり、運気を向上させることができます。

SPONSORED LINK

運が悪いとき、自分の振る舞いを確認するポイント

自分の振る舞いを確認したいとき、チェックしたい行動は以下のようなもの。

  • 人に感謝をする
  • 笑顔になる
  • 小さな幸せを感じる
  • プラス思考でいる
  • 自分は運が良いと思う
  • 人を喜ばせる
  • 健康でいる

 

これらは「運がよくなる本」に共通して書かれている幸運になるための基本事項です。

運がいい人に共通する7つの特徴-幸運になる本からの学び- 』の記事で詳しく紹介していますので、運が悪いと感じたら自分の行動を振り返るために参考にしてみてください。

 

自分の行動はなかなか振り返る機会はないもの。

何か運が悪いなと感じたら、少し立ち止まって振り返ってみると、生活をより充実させることができるでしょう。

 

自分の行動を振り返ることが幸運を呼び込むには欠かせないと気づけた。

わたしはなんて幸運なんだろう。

Lucky Rookie

 

photo from acevvvedo / flickr

 

あなたにおすすめの記事

 

2 件のコメント

  • No matter if some one searches for his necessary thing, thus he/she wishes to be
    available that in detail, thus that thing is maintained over
    here.