不運を回避!会話で地雷を踏んだときの対処法

気がきく女は幸運をつかむ

人と会話しているときに地雷を踏んだら、すかさず謝り話題を切り替えることで、不運を避けることができます。

 

これは気がきく女は幸運をつかむ!―“チャンスの波”にのる素敵なルール(中野裕弓 著、三笠書房)を読んで学ぶことができました。

どんな人でも話の失敗がある

本書には以下のように書かれています。

どんなコミュニケーションの達人でも、話題選びで失敗することがあります。

誰の心にも“地雷”があります。

地雷、つまりは不愉快になるポイント(英語では「ホットボタン」と言います)があって、そこに触れると誰もが怒り出すのです。

(中略)

もちろん、ホットボタンを押さない方がいいに違いありませんし、相手への気遣いももちろん必要です。

でも、押さないように恐る恐る、びくびくコミュニケーションをとるのはつまらないものです。

だから、押した時のダメージコントロールだけ考えておけばいいのです。

(P.120-P.121 より)

コミュニケーションに積極的な人ほど、人の地雷を踏んでしまう確率は高くなります。

しかし、そうしてびくびくしながらコミュニケーションをするのはつまらない、その対処法さえ知っていれば問題ないのだと著者は言います。

 

地雷を踏んだらすぐに謝って話題を変える

本書で紹介されている人の地雷の対処法、それは「すぐ謝って話題を変える」です。

たとえば、人と話していて「あ、しまった!」と思ったら、

「ごめんなさい、ここでやめておきます」

「申し訳ありません、話題を変えます」

と、素早く言うことが大切。

地雷を踏んでしまったら、場の雰囲気が気まずくなってしまいますから、できるだけ早く話の進行方向を変えて、被害を最小限にとどめるのです。

SPONSORED LINK

地雷のダメージをコントロールして不運をなくそう

人とのコミュニケーションはとても難しいもの。

特に、人の嫌な話題なんて長く付き合っていないとわかるものではありません。

とはいえ、著者の言うようにビクビクしながら人と会話しても何も楽しくありませんね。

 

基本はコミュニケーションを楽しむ。

それでいながら、相手のちょっとした雰囲気の変化を察知する。

そして地雷を踏んでしまったら、すぐに謝って話題を切り替える。

 

シンプルですが、地雷を回避する方法がない中ではとても効果的な方法です。

もし、会話中に変な空気になってしまったと感じたら、今回紹介した対処法を実践してみてください。

不運なトラブルを無くして、人と上手に付き合っていきましょう。

 

人の地雷の対処法を学ぶことができた。

わたしはなんて幸運なんだろう。

Lucky Rookie


 

本書は働く女性の処世術を丁寧にまとめた一冊。

特に人間関係をよくすることに重点を置いており、人とのコミュニケーションが上手くなって人と接することが楽しくなる方法を学ぶことができます。

興味がありましたら是非読んでみてください。

気がきく女は幸運をつかむ!―“チャンスの波”にのる素敵なルール

 

あなたにおすすめの記事