古い友人と電話で話すと、自分が幸運で恵まれていると気づける

電話で会話

古い友人と久しぶりに電話でしゃべると、自分が人に恵まれている幸運な人間だと気づくことができます。

 

古い友人から久しぶりの電話

今日、古い友人から電話がかかってきました。

友人といっても、相手は60歳くらいのかなり歳の離れたおじさんです。

その方は、わたしが地元に住んでいたとき親しくしていただいた方で、毎年バーベキューや忘年会などに誘ってくださり、今回もバーベキューのお誘いのために電話をくださいました。

 

久しぶりにお互いの声を聴き、進捗などを軽く交換し合います。

「あんなことあったねー。懐かしいねー。」

いつものようにとても明るく気さくで、昔一緒に楽しんだ思い出話しに花が咲きます。

 

良い思い出を振り返るってとても大切ですね。

心が満たされて、小さな幸せを感じることができます。

 

こうやってわざわざ電話してくださり、長い間かわいがっていただけるというのは本当にありがたいことです。

ただの一本の電話でしたが、わたしはつくづく出会う人に恵まれている幸運な人間だなと思いました。

 

古い友人と電話で話して、自分が人に恵まれている幸運な人間だと気づけた。

わたしはなんて幸運なんだろう。

Lucky Rookie

 

Photo from Boris Zibrov / flickr

 

あなたにおすすめの記事