心が痛いのは成長の証し!心の痛点を見つけて自信に変える方法

幸運をつかむ26の法則

自分の心の痛点を知ることで、人間としてひとつ成長することができます。

 

これはスピリチュアル・セラピー「幸運」をつかむ26の法則―変えられる運命、変えられない運命(上田麻結 著、三笠書房)を読んで学ぶことができました。

心の痛点を知ることは成長への第一歩

本書には以下のように書かれています。

「心の痛点」を知ることは、あなた自身をもっと強くするための指針と言えます。

意外なことで落ち込むという経験は、普段意識していない「自分の泣きどころ」を知る手がかりになります。

人は悩むことではじめて、その泣きどころに気づくのです。

つらい思いをする体験は、あなたに隠されたウィークポイントをヒットするための「儀式」だととらえてみましょう。

その時、自分の悩みの原因に気づき、コンプレックスの本質にスポットを当てることができれば、その時点から問題はすでに解決しはじめて、心の痛みは回復に向かいます。

(P.114 より)

「心の痛点」とは言い換えれば「人に一番指摘されたくないところ」です。

人から指摘されて落ち込む部分からは目を背けたくなりますね。

しかし、そうした自分の心の弱い部分に目を向けて受け入れることで、人は成長できるのだと著者は言います。

 

自分の心の痛点はどこか探してみよう

ここで考えてみてください。

他人に嫌なことを言われて傷つくとしたら、自分が一番痛手を感じるのはどんな言葉でしょうか。

「おまえにはムリだよ」

「君って空気読めないよね」

「なんでできないの?」

など

その言葉を言われて不快になる言葉が「自分の心の痛点」です。

自分に自信がある部分に対してだったら、何を言われても笑って受け流すことができます。

しかし、

「そこがダメなことくらい、自分が一番よくわかってるよ!!」

と、受け流すことができない心に刺さる言葉こそ、今目をそらしてはいけない自分の抱えている問題やコンプレックスということになります。

 

心が痛む言葉は今の自分に必要なメッセージ

自分が目を背けたいものからは、人は逃げてしまいます。

あなたはその原因から逃げてきていませんか?

心が痛むということは、まだその原因とは決着がついていない、向き合わなくてはいけないことを意味しています。

「心の痛点」はそうした自分の弱い部分に気づかせてくれるのです。

 

解決するアプローチは2通り

心の痛点からわかった自分の問題点やコンプレックスを解決する方法は大きく2通りあります。

  • 自分の認識をポジティブなものにする
  • 具体的な解決行動をする

です。

 

自分の認識をポジティブなものにする

これは、その問題を前向きに受け止めて、自分の個性の一つだととらえるアプローチ方法です。

たとえば、

  • 「優柔不断」 =物事を深く考えることができる
  • 「せっかち」 =スピード感をもって行動できる
  • 「友達いない」=一人でも強く生きていける
  • 「部屋が汚い」=環境適応力が高い
  • 「未婚」   =自由に使える時間や資金が多い

など。

何ごともとらえ方次第で自分の弱みではなく強みとすることができます。

▼関連記事
自分の強み・長所・得意分野を見つける2つの方法

 

具体的な解決行動をとる

これは、その問題の原因を分析して、弱点を実際になくす行動をとるアプローチ方法です。

たとえば、

「何をするにも行動が遅い」といった弱点があるなら

  • 事前に準備する
  • 前倒しでスケジュールを組む
  • 苦手な手順をなくす
  • 同じ作業をルーティン化する
  • ほかの早い人に作業をお願いする

 

などの解決方法を思いつくことができますね。

こうして具体的な行動をすることで一つずつ問題を解決していくことができます。

SPONSORED LINK

自分自身が磨かれると幸運になる

心の痛点は今の自分が抱える課題です。

目を背けず、適切な手段をとることで克服することができ、人生の強みにさえ変えることができます。

心が痛む言葉を言われたときは、落ち込んでもいいんです。

そのあとにどう考えられるか、どう行動できるかが大切。

心の痛点を克服して、確固たる自信をもった人は人の目に魅力的に映ります。

そして魅力ある人に人は集まり、人の集まるところに幸運も集まります。

 

一度だけの人生、自分に自信をつけて、充実した毎日を過ごしていきましょう。

 

心の痛点を自分の成長にする方法を学ぶことができた。

わたしはなんて幸運なんだろう。

Lucky Rookie


 

本書は、実際に著者のもとへ占いにきた人の悩みに対してのアドバイスが多く書かれた一冊。

占いといっても、スピリチュアルな要素はほとんどなく、現実に則した建設的なアドバイスを得ることができます。

とても深い教訓や学びを得ることができるので、どこかへ占いに行くのだったらまずは本書を読んでほしいオススメの一冊です。

興味がありましたら是非読んでみてください。

スピリチュアル・セラピー「幸運」をつかむ26の法則―変えられる運命、変えられない運命

 

あなたにおすすめの記事